.
静岡浅間神社参道の和菓子店|葵煎餅本家
.

| ホームお品書きご注文・お支払い方法通信販売の法規に基く表示よくあるご質問と答え

せんべい物語(当店の歴史)

第1話:はじまりは桑名屋
「桑名屋」という屋号でスタート
葵煎餅本家は明治二年の創業です。一説によると徳川将軍から貿易を許された御朱印船の仲間の一人で、 「桑名屋」という屋号で開始しました。(静岡市、駿府城のすぐ近くにある浅間神社大拝殿の前にあるみすすぎ台に御朱印船の 仲間として桑名屋の名前が刻まれています)

初代・兼吉から
静岡市内の葵町でしろしたを原料としたせんべいを作りはじめました。 明治初期であり、当然、葵の御紋を使うなどということはできませんでした。
玉子せんべいの種などを、鉄の型に入れて炭火で焼いた手焼方法でした。(現在でもこの基本的な方法は守られています)

二代目・竹次郎
二代目は竹次郎。初代のせんべい作りを守ったのでした。
次へ
第2話:アイディアマンの三代目